フェイスリフトで人生が変わりました

20代後半になった頃から、、

20代後半になった頃から、、 | フェイスリフトの施術を受ける | 再び自分に自信を取り戻すことができました

私は学生の頃から、人に肌を褒められることが多かったのです。
中学生くらいになると、周囲の友人たちの多くはニキビに悩まされていました。
肌が真っ赤になってしまい、そのことをクラスメイトにからかわれて泣いている人もいたのです。
私は全くニキビができず、きれいな肌でうらやましいと言われ続けていました。
特別なケアをしていたわけではなかったのですが、もともと肌が強いのだと思っていたのです。
私には姉と兄がいますが、2人とも同じように美しい肌をしていました。
両親とも年齢を考慮すると美肌といわれる持ち主だったので、これは遺伝で、私は運が良かったのだと思うほどでした。
社会人になってからも、先輩や同僚から肌がきれいでうらやましいと褒められていました。
飲み会などで徹夜になった時でも、翌朝のファンデーションののりに変化はありませんでした。
疲れが顔に出るということもなく、自分の肌の状態に私は大きな自信を持っていたのです。
しかしながらどうも雲行きがおかしくなり始めたのは、20代後半になった頃からでした。
その頃になると肌がくすんだようになり、明らかに以前の自分とは異なっていたのです。